なぜ孤独を感じやすいのか

通信制大学は自学自習が基本です。1人で学習した方が集中できるという人もいますが、様々な課題が出てきます。なかなか解決できない困難な問題にぶつかったり、情報共有ができないなどです。いずれも1人だと時間がかかりやすく、中には分からないまま卒業を迎えてしまう人もいます。また、スクーリングに出席したとしても必ず学友ができるとは限りません。スクーリングの目的は学習の理解を深めることです。淡々と説明を進めるだけのスクーリングもあり、生徒同士で話す時間がないことも少なくありません。

このように、学業について相談できる人がいないと孤独を感じてしまうのです。モチベーションが下がることもあり、学業に支障が出てしまうリスクも高まります。

孤独を感じた時の対処法

スクーリングに出席する予定がある場合は話しかけやすい人を探して、思い切って話しかけてみましょう。無視されるのではないか、嫌がられるのではないかと不安になるかもしれませんが、相手も同じ気持ちである可能性が高いです。むしろ、話しかけてもらったことで心を開くことができ、意気投合する可能性が高まります。もしもスクーリングに出席する予定がない場合は、教授や大学の事務、カウンセラーなどに頼ってみましょう。学習について相談するだけでも「話せる人がいる」という安心感が生まれて、自然とモチベーションが上がるものです。

孤独を感じた時は、とにかく誰かに頼ることが大切です。学友ができなかったり教授にも相談できない場合には、家族や友人に不安や悩みを打ち明けてみましょう。1人で抱え込まないようにしてくださいね。

教育免許を通信教育で取得する方法は、日中に会社勤めをしている人や、子育てで忙しい人にとって時間を有効に活用できるため大きなメリットがあります。