社会福祉士とはどんな資格?

社会福祉士は体や精神に障害を持っている方や、様々な理由により普通の日常生活を送ることが困難な方の相談にのり、アドバイスしたりサポートしたり、福祉サービスや保健医療サービスとの連携をとって利用者の支援をする資格です。国家資格を取得することで、専門的な知識や技術を身に着けることができます。社会福祉士の資格は名称独占であるため、社会福祉士と名乗れるのは資格を持っている人だけですが、資格を持っていない人でも同じ仕事に携わることは可能です。社会福祉士国家試験を受験するには一定の条件を満たす必要がありますが、通信制大学でも資格取得を目指す課程を修了すれば、試験を受験することができます。大学によっては資格を取得するためのサポート体制が充実しているところもあるので、積極的に活用しましょう。

社会福祉士が活躍できる場所

社会福祉士が活躍できる場としては、福祉事務所、学校、児童相談所、高齢者や障害者の福祉施設などがあります。福祉事務所は役所などのことで、公務員として働くことができます。公務員として働くためには公務員試験に合格しなければならないので、試験に関する勉強も積んでおきましょう。学校で働く場合は、子供達の相談に乗ったり、教師と連携して子供のサポート業務を行います。場合によっては児童相談所や教育委員会と連絡をとって働くこともあります。児童相談所では児童虐待や子供の非行、不登校などの相談に乗ることが多いです。こちらも公務員として働くことになり、児童福祉司と呼ばれることになります。高齢者や障害者の福祉施設では、利用者やその家族の相談にのったり、自立訓練などを通して支援する仕事を担当します。社会福祉士は様々な場所で活躍することができる資格です。

英語の教員免許を通信教育で取得するなら、多様な学びや教育に対応するための教員育成を目指す学校があります。