図書館司書の仕事内容

図書館司書は各自治体の公共図書館や大学・学校図書館などで主に業務にあたります。図書館内ではどのようなお仕事があるかというと、受付業務(利用者の方から本の貸し出しや返却に応じる係)や、本・資料をジャンル別に分類し蔵所目録を作成する作業、自分が勤めている図書館に新しく必要な図書を探しその本の発注を行う仕事もあります。また読書をする人を増やすためのイベントも企画し、主催事業として実施することも業務としてあります。さらに図書館外での仕事もあります。自動車文庫で各所を回る移動図書館の活動です。図書館から遠い場所にある住宅地や人が集まりやすい公園・学校などを巡回します。図書館司書は図書だけでなく、利用者の方とも接する機会が多い仕事となっています。

図書館司書になるためには

図書館司書になるためには、大学や高等専門学校を卒業し資格を取る方法もありますが、通信制大学でも司書資格取得に必要な科目を履修した後、卒業してから「図書館司書になれる資格」を得ることができます。「図書館司書になれる資格」を得るためには、毎年7月~9月に行われている司書講習を受ける必要があります。この講習では、図書館にまつわる専門知識を学びます。講習は全国の特定の大学でおこなわれ、概要は文部科学省のホームページで確認できます。 ただし、ここまでの過程を終えても「図書館司書になれる資格」を有するだけです。実際に「図書館司書」になるためには、公共図書館や大学図書館などのの採用面接を受けて合格する必要があります。採用されればそこで初めて「図書館司書」を名乗ることができ職務に就くことができます。

国語の教員免許を通信制大学で獲得することのメリットとして、働きながら学べるため、経済的な不安が払拭される点が挙げられます。教員になる夢を家庭の事情で諦めたという人にも、まだ可能性は残されているのです。